ホーム > 昭和精工の強み

Techno 昭和精工の匠技

真摯なものづくりを追求しております

当社は、常に真摯なものづくりを追求することをモットーに自動車重要保安部品、電気メーター部品、建築部材、他さまざまな順送プレス加工のノウハウを蓄積してきました。 現在では、順送加工のテクニカルアドバイザーとして順送金型の製作、試作立ち上げ、量産試作、試作加工までの一貫対応システムを確立し、高品質な順送加工製品を届ける企業として評価を頂いております。

昭和精工の一貫生産体制フロー

順送プレス加工のプロフェッショナル
当社は昭和43年に順送金型の製作からスタートした企業です。これまで自動車部品、電気メーター部品、オーディオ部品等を中心としてさまざまな順送金型の製作で培ってきたノウハウが蓄積されています。また、鉄、亜鉛メッキ鋼板、ステンレス、アルミ、ハイテン鋼、真鍮等さまざまな材質に対応した力も兼ね備えており、順送加工のテクニカルアドバイザーとして、お客様に高い評価を頂いております。 順送金型のことなら当社におまかせください。ご納得いただける順送加工製品をお届けさせていただきます。
設計では工程の検証、金型レイアウト、金型材質に始まり、製品材料歩留まりやメンテナンス性など、お客様からのご要望や、品質・コストを考慮した設計を行っています。
これまで培ってきた順送金型の製作ノウハウ
近年、お客様から「試作開発段階」からの参画を求められるケースが非常に多くなっております。当社の順送金型のノウハウを評価いただき、これまでにない部品づくりのアドバイザーとしてお客様のニーズにお応えしております。目標とする部品形状、精度確保するため、当社のスタッフが「試作金型」から「量産試作」「量産加工」までワンストップでサポートさせていただきます。
小さい製品は蹴飛ばしプレスから、大きい製品では250トンのワイドプレスを使用が可能で、さまざま大きさに対応し、トライ(試し打ち)を行います。
三次元測定機などの高精度機器による高品質な検査体制
お客様の多様なニーズ、また当社の製品の精度技術をより一層引き出す為、三次元測定機やデジタル顕微鏡などを使用し、数値や視覚で、より高い精度の品質検査及び品質管理を行います。CNC3次元測定機を導入することにより、お客様の精度や製品の形状に柔軟に対応できるようになりました。
高品質高精度のものづくりを実現する検査治具
当社は、「不良が少ない」会社であると、お客様から評価を頂いております。不良を出さないで高品質高精度のものづくりを実現するために、プレスのショット数管理に力を入れております。目標ショット数を越える前に、金型のメンテナンスを行うため、常に安定した品質を保つことが可能です。また、複雑な形状のプレス部品には検査治具を製作し、製造現場での検査体制を強化しております。
既存金型の改造・修理もお任せ下さい!
当社では、金型の設計・製造及び製品の量産までの一貫生産を行っております。プレス加工品で「寸法が安定しない」「バリが消えない」等の品質でお困りの方、既存金型を当社にお任せいただければ金型内を見直す事により高精度な金型に 仕上げます。又、当社で量産プレス加工を行う事により常に金型メンテナンスを 行い、安定して良質の製品をお届けする事をお約束します。
PAGE TOP